全1700文字
PR

 ロボット活用が、米国のリテール(小売り)業界で進みつつある。その急先鋒(せんぽう)が、米小売り最大手のウォルマート(Walmart)だ。リテール業界の世界最大級のイベント「NRF 2020:Retail's Big Show & Expo」(2020年1月12~14日、ニューヨーク)からは、同社が店頭でのロボット利用に積極的な様子がうかがえた。

 中でも導入に前向きなのが、商品棚に置かれた商品の在庫や配置場所の正誤、値札と商品の整合性などを管理するロボット(棚管理用ロボット)である。日本と比べて米国の小売店は売り場面積が大きい場合が多く、これらを人手で調べるには時間がかかる。一方で、在庫がないと商機を逸するし、値札と実際の価格が異なると客の不満につながる。

 加えて、客のマナーの悪さや店員の作業品質の低さも、棚管理用ロボット活用が期待される一因である。実は、米国のスーパーマーケットでは、客が一度手にした商品を商品棚に戻すときに、元の位置に戻すことはほとんどない。客が勝手に商品を開封して試食し、それを商品棚に戻すこともある。店員は私語が多く、作業が滞りがちだ。商品と値札を間違えるケースもよくある。こうした課題をロボットで解決しようというのが、ウォルマートの狙いだ。

 棚管理用ロボットを手掛ける新興企業(スタートアップ)の中で、ウォルマートに導入されて鼻息が荒いのが、米国サンフランシスコ・ベイエリアに本社を構えるボサノバロボティクス(Bossa Nova Robotics)である。移動ロボットに搭載したカメラと距離画像センサーで、商品パッケージや陳列の状況、値札などを調べ、その結果をクラウドに送って店舗の在庫を管理する。ロボット単体を販売するのではなく、一連のソフトウエアを含めてパッケージ化したロボットシステムを提供して利用料を得る「SaaS(サービスとしてのソフトウエア)のような事業モデル」(同社)を採用する。

ボサノバロボティクスのブース
ボサノバロボティクスのブース
(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 同社は既に米国内のWalmart店舗に350台の棚管理用ロボットを導入済み。2020年にはさらに650台を追加で導入する予定だ。ボサノバロボティクスはNRFに次世代機として開発した「Bossa Nova 2020」を出展した。現行機が大型店舗向けであるのに対し、次世代機は商品棚同士の間隔が狭い中・小型店舗向け。そのために本体をスリム化し、カメラの撮影距離を短くしている。

現行機による商品棚の在庫チェックのデモ
現行機による商品棚の在庫チェックのデモ
(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
中・小型店舗向けにスリム化した次世代機(撮影:日経クロステック)
中・小型店舗向けにスリム化した次世代機(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
次世代機のセンサー側(撮影:日経クロステック)
次世代機のセンサー側(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]