全3842文字

 米国における電動航空機の取り組みが再び活発になってきた。環境負荷低減を求める声を追い風に、数人乗りの電動垂直離着陸(eVTOL)機にスポットが当たる。。21年に入り、米国の大手自動車メーカーが参戦を表明。eVTOL機業界で知られた米新興企業は、開発の進捗ぶりをアピールした。中には大手航空会社から1000億円を超える額の発注を受けた企業もある。早ければeVTOL機を利用した商用の移動サービスが24年にも米国で始まる見込みだ。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い