全1748文字

 「ステアリングに手を置かなくても、運転席にいなくてもオートパイロットは動作し続ける“裏技”がある。テスラ車オーナーならほとんどの人が知っている。やるかやらないかは別だが」――。2021年4月17日夜、米Tesla(テスラ)の高級セダンの電気自動車(EV)「モデルS」が木に衝突して炎上する事故が起き、乗員の男性2人が死亡。うち1人が助手席、もう1人が後部座席に座っており、衝突時に運転席が無人だったのは、ほぼ確実だと米メディアが報じた。この件で運転支援システム「オートパイロット」についてテスラ車を利用している人物に話を聞いたところ、冒頭のような回答を得た。では、どのようにすると、運転席に人がいなくてもオートパイロットは作動するのか。

「モデルS」
「モデルS」
(出所:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 端的に言えば、ステアリング部分に重りを付ける。重りによって、ステアリングのセンサーに「手が置かれている」と誤認識させる。そうすれば、ドライバー不在のままでオートパイロットが動作し続ける。今回の死亡事故の後に、米国の消費者情報誌Consumer Reports(CR)誌が重りをステアリングにつるすなどして、こうした「抜け道」を再現。これを米メディアが大きく取り上げた。ほかにも、同種の動画がYouTubeなどの動画共有サイトにいくつも投稿されている。その上、Amazon.comなどのオンラインサイトで調べると、さまざまな専用の重りが見つかる。数十ドルで堂々と売られており、簡単に入手ができる。

オートパイロットを作動し続けるためにステアリングに取り付ける重り Amazon.comやeBayなどで簡単に購入できる。(出所:Amazon.comのサイトをキャプチャーしたもの)
オートパイロットを作動し続けるためにステアリングに取り付ける重り Amazon.comやeBayなどで簡単に購入できる。(出所:Amazon.comのサイトをキャプチャーしたもの)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回の死亡事故は調査中で、本稿執筆時に原因ははっきりしていない。一方で、テスラCEO(最高経営責任者)のElon Musk(イーロン・マスク)氏は4月19日にツイッターで「これまでに回収されたデータログからは、オートパイロットが有効になっていない。(最新のオートパイロットシステムである)FSD(完全自動運転向けの車載システム)も購入していない」と述べている。FSDはオプション扱いで、搭載しなくてもオートパイロット機能を使うことができる。

 ただ、オートパイロットが有効になっていないとすると、前述の抜け道は今回の死亡事故とは関係がない。あり得るとすると、オートパイロットを起動し、ハンドルに重りを付けて運転席から助手席に移動した直後に、何かが原因で急にオートパイロットが解除されてカーブを曲がり切れずに事故が発生したため、オートパイロット有効のログが残らなかった、という可能性である。繰り返しになるがあくまで可能性の1つで、詳細は現時点で不明だ。