全2993文字

 超音速旅客機を手掛ける米国の新興企業の間で、「勝ち組」と「負け組」が鮮明になってきた。勝ち組は米Boom Technology(ブーム・テクノロジー)だ注1)。米United Airlines(ユナイテッド航空)がブームから超音速旅客機「Overture」を15機購入する契約を締結したことを2021年6月3日(米国時間)に明らかにした。この契約には、追加で35機、計50機まで増やすオプションが含まれている。一方、ブームの競合の米Aerion(アエリオン)は、資金調達が難航して事業を停止したことを、米CNBCなど複数の米メディアが報じている。

注1)プレスリリースなどではBoom Supersonic(ブーム・スーパーソニック)と表記されている。

 ブームのOvertureは、マッハ1.7と現行の旅客機の約2倍の速度で飛行できる。これにより、海外路線の飛行時間をおよそ半分にできるという。例えば、ニューアークからロンドンまで3時間半、ニューアークからフランクフルトまで4時間、サンフランシスコから東京まで6時間になる計算。こうした路線に、ユナイテッド航空はOvertureを就航させる考え。ブームはOvertureを25年にロールアウト(工場から機体を搬出して公開)し、26年に初飛行、29年に乗客を運ぶ計画を持つ。そのため、ユナイテッド航空が超音速機を就航させるのは早くて29年とみられる。

ユナイテッド航空のロゴを付けたOvertureのイメージ
ユナイテッド航空のロゴを付けたOvertureのイメージ
(出所:ブーム)
[画像のクリックで拡大表示]

 ユナイテッド航空が超音速機の購入に踏み切った一因は、移動に対する付加価値向上のためだ。新型コロナウイルスの感染拡大で大打撃を受けた航空業界だが、米国ではコロナワクチン接種者が大きく増えたことなどによって1日当たりの感染者数は減少傾向にあり、国内線を中心に客足が戻りつつある。新型コロナがいずれ収束すれば、海外路線の需要も徐々に戻るだろう。

 だが、ビジネス客の需要がコロナ前の水準にまで戻るかどうかは定かではない。そのような状況で、移動時間が半分になる超音速機は利点を訴求しやすい。もともと新型コロナ禍の前から、移動時間の短縮が海外路線における次の競争軸になるとされていた。それがコロナ禍によって、より鮮明になった。

 こうした超音速機に対する需要がある一方で、ブームとアエリオンの明暗を分けたものは何か。