全4526文字

 米テスラ(Tesla)を手本に住宅業界を変える。そんな企業が現れた。シリコンバレーのスタートアップ企業HOMMAだ。楽天の米国法人幹部だった本間毅氏が率いる。HOMMAが狙うのはソフトウエアでテスラの電気自動車のように、IoT機器とソフトウエア更新によって機能やサービスが進化し続ける住宅だ。

 シリコンバレーの中心部から北西に車で1時間強、サンフランシスコ市から湾に架かる橋を渡って30分ほどのところに2020年6月、新しいコンセプトの住宅「HOMMA ONE」が完成した。広さは4000平方フィート(約370m2)で4つのベッドルームを備える。戸建てが比較的広い米国の中でも、大きな物件に相当する。

HOMMA ONEの全景。都市から多少離れた場所で、生活かつ仕事の場としてのコンセプトを具現化した
HOMMA ONEの全景。都市から多少離れた場所で、生活かつ仕事の場としてのコンセプトを具現化した
(出典:HOMMA)
[画像のクリックで拡大表示]

 ソニーで新規事業を手掛け、楽天の日米法人幹部を務めた本間毅氏が、2016年に住宅関連スタートアップのHOMMAを起業。2018年4月から設計を始めて、19年3月に基礎工事に着手した物件だ。新型コロナ禍のさなかに完成したが「コロナ禍が発生する前から在宅勤務がさらに進むと考えていた。家族が過ごす時間がこれまで以上に増えると考えて設計し形にしてきた」(本間氏)。