全2190文字
PR

 米Microsoft(マイクロソフト)は2020年9月21日(現地時間)、米国の大手ゲーム企業Bethesda Softworks(ベセスダ・ソフトワークス)の親会社である米ZeniMax Media(ゼニマックス・メディア)を買収することを明らかにした。買収額は75億米ドル(1米ドル105円換算で7875億円)で、現金で支払う。Bethesdaは「The Elder Scrolls」や「Fallout」、「DOOM」といった人気ゲームシリーズを手掛けている。こうしたゲームをMicrosoftのサブスクリプション(定額)型ゲームサービス「Xbox Game Pass」に追加していく予定だ。21年前半(2021年会計年度後半)の買収完了を目指す。

 これまでMicrosoftはゲーム事業関連で、「Minecraft(マインクラフト)」を手掛けるスウェーデンMojangを2014年に25億米ドルで買収している。今回の買収額はその3倍で、ゲーム関連ではMicrosoftにとって過去最高額になるもよう。では、なぜこのタイミングで75億米ドルもの資金を投じてZeniMaxを買収し、ゲーム事業を強化するのか。背景に大きく3つの理由がある。

Bethesdaが手掛ける主要なゲーム
Bethesdaが手掛ける主要なゲーム
(出所:Microsoft)
[画像のクリックで拡大表示]