全2695文字

 ゲームユーザーの保護に向けて、ライバル同士が手を結んだ。米Microsoft(マイクロソフト)と任天堂、米Sony Interactive Entertainment(SIE、ソニー・インタラクティブエンタテインメント)は2020年12月14日(現地時間)、ゲームの安全性向上に向けて横断的に協力していくことを明らかにした。現在のゲームの主軸は、インターネット越しにユーザー同士で対戦したり、協力してゲームを進めたりするなど、ユーザー同士の交流を伴うものになりつつある。ゲームのプレー動画や、プレー中のゲーム画面をキャプチャーし、SNSに投稿して共有するのも当たり前になっている。

Microsoftと任天堂、SIEそれぞれのゲーム機のロゴ
Microsoftと任天堂、SIEそれぞれのゲーム機のロゴ
(出所:Microsoft)
[画像のクリックで拡大表示]

 ユーザー同士はゲームのプレー中、テキストチャットやボイスチャットを通じて意思疎通し、ゲームを円滑に進める。話題はゲームにとどまらない。子供から大人まで、幅広い年齢層のユーザーが知り合いや友達などと交流するツールとしてゲームを利用している。20年は、新型コロナウイルスの感染拡大による外出制限などにより、対面で人に会うことが難しくなった。そのため、この傾向がより強まり、ゲームはエンターテインメントだけでなく、新たなSNSとして台頭しつつある。「フォートナイト」シリーズや「あつまれ どうぶつの森」といった人気ゲームをプレーしながら雑談する。そんな生活様式が定着しつつある。実際、シリコンバレー支局周辺に住人からは、小学校高学年から中学生の子供が学校で会えない分、ゲーム内のチャットで友人と頻繁に話すようになったという話をよく耳にする。

 新たな交流基盤として成長しつつあるゲームだが、ユーザー数やゲームのプレー頻度が増加するほど、現実社会と同様にユーザー同士のトラブルも増えやすい。このトラブルからユーザーを保護するのが3社の目的だ。特に子供などの若年層の保護に重きを置く。

 例えば、子供のゲームプレーを保護者が管理しやすくする機能を実装するという。保護者やゲームプレーヤーなどに対して、ゲームの安全性を高めるツールの情報もさまざまなチャネルを通じて提供を図るとする。こうした取り組みは、これまで各社それぞれが自社のゲームプラットフォーム(基盤)で実施してきたし、業界団体でも、ユーザー保護の施策を講じてきていた。それでも、一層のユーザー保護のために、3社はタッグを組んだ。ユーザーにとって、3社間でゲームの安全性向上に向けた機能や仕組み、それらの利用法が統一されれば、いざ必要なときに使いやすくなる。