全704文字
PR

 国土交通省は、洪水や土砂災害などのリスクを地図上で確認できるウェブサイト「重ねるハザードマップ」に土地の成り立ちに関する情報を追加した。河川に削られてできた土地など、成り立ちを知ることで氾濫時の危険性が分かる。12月18日から公開を始めた。

河川の氾濫に対して留意すべき土地の成り立ちのイメージ(資料:国土交通省)
河川の氾濫に対して留意すべき土地の成り立ちのイメージ(資料:国土交通省)
[画像のクリックで拡大表示]

 国交省は、土地の現状や成り立ちを調査し、「土地分類基本調査」として地図や解説書にまとめている。このうち、5万分の1の縮尺の「地形分類図」を、重ねるハザードマップに組み込んだ。

 このマップでは、地図や住所から任意の場所を指定し、確認したい災害(洪水、土砂災害、津波、道路防災情報)を選んで表示できる。「すべての情報から選択」を選び、「土地の特徴・成り立ち」の中から「土地分類基本調査(地形分類図)」をクリックすると、色分けされた地形分類図が表示される。

「重ねるハザードマップ」の土地分類基本調査(地形分類図)の表示イメージ(資料:国土交通省)
「重ねるハザードマップ」の土地分類基本調査(地形分類図)の表示イメージ(資料:国土交通省)
[画像のクリックで拡大表示]

 例えば、浸食によって周囲が削られて残った「台地・段丘」に色分けされた場所では河川氾濫のリスクはほとんどないが、河川との高低差が小さい土地は注意が必要になる。「旧河道」では、氾濫時に周囲よりも長期間浸水する危険があるなど、その土地の災害リスクを評価することができる。