全1031文字
PR

八千代と長大は時差出勤

 オリエンタルコンサルタンツは3月2日に対応策を公表し、3月15日まで原則として「テレワーク勤務」を実施する方針を明らかにした。従業員に自宅やサテライトオフィスなど社外での勤務を指示する一方で、やむを得ない事情がある場合は出社を認める。

 八千代エンジニヤリングは、3月15日まで勤務時間を柔軟に設定できるフレックスタイム制度を用いた時差出勤を従業員に指示した。例外として、基礎疾患を持った人や透析を受けている人、妊娠中の人などには在宅勤務を適用。政府の要請に基づいて休校措置を取った小学校に通う低学年の児童を持つ従業員にも在宅勤務を認める。

 「全社一斉の在宅勤務を表明すると、発注者の混乱や誤解を招く恐れがある。在宅勤務については、対象者の優先順位を明確にしたうえで、段階的に導入していく」(広報課)

 感染者の急増で「緊急事態宣言」が出された北海道で勤務する従業員に対しては、原則として在宅勤務を指示している。

八千代エンジニヤリングの対応策の一部(資料:八千代エンジニヤリング)
八千代エンジニヤリングの対応策の一部(資料:八千代エンジニヤリング)
[画像のクリックで拡大表示]

 長大も3月2日に時差出勤を盛り込んだ対応策を公表。大勢が集まる会議や遠方から集合する会議などは可能な限り延期や中止とする他、せきや発熱などの症状が出た場合には出社を禁じて在宅勤務を指示している。

長大の対応策(資料:長大)
長大の対応策(資料:長大)
[画像のクリックで拡大表示]