全809文字
PR

 国土地理院は、道路や宅地の表示・非表示を切り替えて地形や標高などの情報を自由に重ねられる地図をインターネットで公開した。特別なソフトウエアを使わなくても、ウェブブラウザー上で編集できる。災害時の被害状況の把握や学校教育などで活用を見込む。

東京都内の神谷町駅周辺の地図から建物や等高線などを非表示にしたうえで、地形分類のデータを組み合わせた(資料:国土地理院)
東京都内の神谷町駅周辺の地図から建物や等高線などを非表示にしたうえで、地形分類のデータを組み合わせた(資料:国土地理院)
[画像のクリックで拡大表示]

 これまで公開していた「地理院地図」は、道路や宅地、地名、地図記号など様々な情報を点の集まりで表現した画像データだった。地形や地質などの情報を層(レイヤー)として重ね合わせる機能を持っていたが、土台となる地図の情報量が多すぎて見にくくなるなど利便性が悪かった。

 2020年3月19日から新たに公開した「地理院地図Vector」は、属性や位置情報で線を表現するベクトルデータで構成する。ベクトルデータとは、「イラストレーター」といった描画ソフトやCADなどで扱うデータ形式のことだ。

 属性には、河川や道路、構造物といった分類がある。属性ごとに表示・非表示や線の太さなどを選んで、必要な情報だけをまとめた独自の地図を作製できる。道路の線だけ色を変えるといった処理も可能だ。