全1073文字
PR

 清水建設と医療用品メーカーのダイヤ工業(岡山市)は、スコップで土を掘る負荷を減らすアシストスーツ「ワーキングアシストAS」を開発した。モーターや空気圧など動力を使わず、スコップで土砂をすくうときにかかる筋負担をゴムの伸縮で軽減する。人力掘削の作業補助に特化したアシストスーツは珍しい。

アシストスーツを身に着けて、スコップですくう(写真:ダイヤ工業)
アシストスーツを身に着けて、スコップですくう(写真:ダイヤ工業)
[画像のクリックで拡大表示]

 アシストスーツはベスト型で、腰回りと胸回りのベルトを締めるだけで着用できる。ベスト背面のゴム製の生地と、利き腕の肩と反対側の腕を結ぶ「肩腕ゴムベルト」がアシスト機能を発揮する。作業員が前かがみで土砂をすくおうとすると背面の生地と肩腕ゴムベルトが伸び、続いて土砂をすくい上げるとゴムが縮むため作業負荷が軽減される。

「ワーキングアシストAS」の製品イメージ。右利きと左利きの両方に対応している(資料:ダイヤ工業)
「ワーキングアシストAS」の製品イメージ。右利きと左利きの両方に対応している(資料:ダイヤ工業)
[画像のクリックで拡大表示]
スコップによる掘削作業の一連の動作。前かがみになって刃先に近い手を伸ばすとゴムが伸長、すくい上げるときに収縮し動作を補助する(資料:ダイヤ工業)
スコップによる掘削作業の一連の動作。前かがみになって刃先に近い手を伸ばすとゴムが伸長、すくい上げるときに収縮し動作を補助する(資料:ダイヤ工業)
[画像のクリックで拡大表示]

 腰回りのベルトは腰を固定する骨盤コルセット機能を持ち、作業姿勢を安定させる。重量は約500gと、電力を動力源とする一般的なアシストスーツの約8分の1だ。

 ダイヤ工業は、同社の実験施設のR&Dセンターで、ワーキングアシストASの動作補助の効果を計測する試験を実施した。すくった土砂の投げ出し動作は、背中に大きな負担がかかる。背中で最も大きい負荷がかかる脊柱起立筋では、筋負担を10%軽減できた。