全930文字

 三井住友建設は、橋梁の大規模更新工事で取り換え用のプレキャストコンクリート(PCa)床版の割り付け作図などを自動化する設計支援プログラム「SMC-Slab」を開発した。PCa床版の配置検討や図面作製に要する時間を従来の3分の1に短縮する。西日本高速道路会社が発注した中国自動車道の更新工事に適用した。

SMC-Slabの概要。PCa床版の構造図や床版の割り付け図などを自動で出力する(資料:三井住友建設)
SMC-Slabの概要。PCa床版の構造図や床版の割り付け図などを自動で出力する(資料:三井住友建設)
[画像のクリックで拡大表示]

 PCa床版への取り換え工事では通常、施工前に割り付け図を作製する。まず更新対象となる既設橋の紙図面をCADで描き起こす。次に、輸送や架設といった条件を加味しながら床版の割り付けを検討して作図する。

 その後、排水計算によって橋面に設置する排水ますの位置を算出。割り付け図に重ねて、接合部などと干渉する場合は図面や計算を見直す。既設橋には施工誤差があるので、桁を測量した結果の反映も必要だ。PCa床版が輸送などの条件を満たしているか確認しながら何度か修正して完成させる。

 SMC-Slabでは、汎用的な表計算ソフトウエアに入力した既設橋の線形や桁の形状といった情報から、割り付けに必要な桁の上フランジのCAD図面を自動で描き出す。それを基に、床版の割り付け図をあらかじめ定めた寸法などの条件に従って自動で出力する。床版接合部の図面作製や部材寸法の一覧表の表示も可能だ。

 排水ますは、設置間隔を入力するだけで配置される。手動で図面を描き直す必要がなくなるので、人為的なミスの撲滅につながる。