全885文字
PR

 東北大学災害科学国際研究所とJX通信社は、SNS(交流サイト)に投稿された内水氾濫などの写真を位置情報と結びつけて被害を記録する「みんなでSNSマッピングプロジェクト」を始めた。ハザードマップや住民一人ひとりの防災行動計画「マイ・タイムライン」の作成に生かす。2020年11月6日に同プロジェクトのウェブサイトを公開した。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料