全660文字
PR

 大深度地下に建設中の東京外かく環状道路(外環道)のトンネル上で幅約3m、長さ約27mの新たな空洞が見つかった。空洞内部の高さは約4mで、上端は地下約4mの位置にある。東日本高速道路会社が2020年11月22日に明らかにした。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料