全1065文字

 米国の海上橋梁拡幅工事で、コンクリート桁や杭(くい)の緊張材・補強材の合計5500km分に、東京製綱インターナショナルの炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の採用が決まった。CFRPは耐腐食性や軽量性に優れた材料として米国でインフラへの採用件数が近年急激に増えているが、これだけの規模で使われるのは初めてだ。

東京製綱インターナショナルが開発した炭素繊維複合材ケーブル(CFCC)を入れたコンクリート桁。過去にバージニア州運輸局の工事で製作した桁で、ハンプトンロードブリッジトンネル拡張事業とは関係ない(写真:東京製綱インターナショナル)
東京製綱インターナショナルが開発した炭素繊維複合材ケーブル(CFCC)を入れたコンクリート桁。過去にバージニア州運輸局の工事で製作した桁で、ハンプトンロードブリッジトンネル拡張事業とは関係ない(写真:東京製綱インターナショナル)
[画像のクリックで拡大表示]

 バージニア州運輸局はハンプトンとノーフォークを結ぶ海上の州間高速道路64号線を、片側2車線から4車線に拡幅する「ハンプトンロードブリッジトンネル拡張事業」を進めている。総工費は約4000億円(38億ドル)、工期は2020年9月~25年11月だ。

 そのうち海上部約8.6kmの橋桁の緊張材とスパイラル補強筋、コンクリート杭の緊張材に、東京製綱インターナショナルが開発・販売を手掛ける炭素繊維複合材ケーブル(CFCC)が採用された。緊張材の長さは3962km、補強筋が1524kmだ。

現在のハンプトンロードブリッジトンネル。写真手前が橋梁部で奥の海の下をトンネルが走る(写真:バージニア州運輸局)
現在のハンプトンロードブリッジトンネル。写真手前が橋梁部で奥の海の下をトンネルが走る(写真:バージニア州運輸局)
[画像のクリックで拡大表示]

 米国では近年、CFRPの採用を後押しする環境が整っている。18年に米国全州道路交通運輸行政官協会(AASHTO)がCFRPをコンクリート橋桁の緊張材に使う設計基準を制定。ミシガン州やバージニア州のように、CFCCの設計基準を独自に作成する州もある。

 ハンプトンロードブリッジトンネルでは、バージニア州運輸局が橋の緊張材などの材料に、ステンレスまたはCFRPを指定していた。19年に工事を受注した共同企業体が様々な点から材料を検討して、最終的にCFRPを選定した。

 「緊張材の値段はステンレスとほぼ同じ。ただし重量は鋼材の5分の1と軽い。現場での作業性などを評価してもらったのではないか」。東京製綱インターナショナルCFCC土木建築事業部の山本義明部長は、こう話す。

炭素繊維とエポキシ樹脂を複合化して、より合わせて形成したCFCC(写真:東京製綱インターナショナル)
炭素繊維とエポキシ樹脂を複合化して、より合わせて形成したCFCC(写真:東京製綱インターナショナル)
[画像のクリックで拡大表示]