全810文字
PR

 建設技術研究所は、計測機器メーカーのフォトンラボ(東京・中央)、量子科学技術研究開発機構と共同で開発した「レーザー打音検査装置」を、道路トンネルの覆工コンクリートの定期点検業務に初めて導入した。覆工コンクリート内部の欠陥を遠隔・非接触のレーザー計測で検出する。高所作業を伴う目視確認や打音検査が不要になるうえ、検査員による判定のバラツキも解消できる。

レーザー打音検査装置の計測可能な距離は、最大で約10m。覆工コンクリートの天端を点検することも可能で、高所作業が不要になる(写真提供:建設技術研究所)
レーザー打音検査装置の計測可能な距離は、最大で約10m。覆工コンクリートの天端を点検することも可能で、高所作業が不要になる(写真提供:建設技術研究所)
[画像のクリックで拡大表示]

 現場に導入したレーザーは、「振動励起レーザー」と「振動計測レーザー」の2種類。まず、振動励起レーザーでレーザー光を覆工コンクリートにパルス照射し、ハンマーでたたくようにコンクリート表面に振動を与える。続いて、振動計測レーザーを使って、コンクリート表面の振動の様子を、レーザーの反射光のスペクトル分析で調べる。コンクリート内部に欠陥があると、特定の振動周波数が卓越する。

白色が表面を振動させる振動励起レーザーで、緑色が表面の振動の様子を計測する振動計測レーザー(写真提供:建設技術研究所)
白色が表面を振動させる振動励起レーザーで、緑色が表面の振動の様子を計測する振動計測レーザー(写真提供:建設技術研究所)
[画像のクリックで拡大表示]

 建設技術研究所と量子科学技術研究開発機構は内部に欠陥を抱えたコンクリートの供試体を用いて、複数のベテランの点検技術者が人力打音で欠陥と判定した箇所を、レーザーでも同様に検知できることを共同研究で確認している。