全1015文字

 大林組とポゾリスソリューションズ(神奈川県茅ケ崎市)、日本製鉄は共同で、耐熱性や耐酸性に優れる「ジオポリマーコンクリート」を使って、温度が1000℃以上の溶融スラグの置き場となる鉄筋コンクリート擁壁を補修した。コンクリートポンプ車で圧送して打ち込んだ。

溶融スラグを冷却するための置き場にある擁壁の表面を、ジオポリマーコンクリートで補修した。写真は施工後(写真:大林組)
溶融スラグを冷却するための置き場にある擁壁の表面を、ジオポリマーコンクリートで補修した。写真は施工後(写真:大林組)
[画像のクリックで拡大表示]
現場練り型のミキサーで練り混ぜ、コンクリートポンプ車で圧送した(写真:大林組)
現場練り型のミキサーで練り混ぜ、コンクリートポンプ車で圧送した(写真:大林組)
[画像のクリックで拡大表示]

 ジオポリマーコンクリートは、石炭火力発電所から出るフライアッシュや製鉄所から排出される高炉スラグ微粉末などの産業副産物に、アルカリ活性剤溶液を混ぜることで硬化させた無機材料だ。材料の製造過程で発生するCO2を、通常のコンクリートより75%以上削減できる。

 ただし従来は粘性が高く、練り混ぜ後に20~30分程度で固まり始めるという問題があった。そのため、ポンプ圧送には向いていなかった。

 そこで、ポゾリスソリューションズが開発した専用混和剤を使うことで、施工に適した流動性を保てるようにした。「2時間程度、性状を保持できる」と、大林組土木本部生産技術本部リニューアル技術部の青木峻二副課長は話す。プラントなどで製造してアジテーター車で運搬することも可能な時間だ。

ジオポリマーコンクリートの軟らかさの経時変化(資料:大林組)
ジオポリマーコンクリートの軟らかさの経時変化(資料:大林組)
[画像のクリックで拡大表示]

 これまでは練り混ぜ後の洗浄を容易にするため、ミキサーのドラムの内側をゴム製シートで覆うなどの工夫を施していた。開発したジオポリマーコンクリートは硬化時間を延ばせるので、ゴム製シートで覆う必要がなくなる。