全1504文字
PR

 国土交通省は2021年4月13日、インフラ分野のDX(デジタルトランスフォーメーション)に向けて技術やノウハウを共有するための拠点を東京・霞が関の庁舎内に開設した。地方整備局や研究拠点などと工事現場の映像や構造物の3次元データを共有しながら議論できるよう、大型モニターや仮想現実(VR)機器などを設置した。4月12日の開所式に出席した国交省の山田邦博技監は「できるだけ多くの人に、早急にDXの良さを分かってもらいたい」と述べた。

インフラDXルームの開所式の様子
インフラDXルームの開所式の様子
左から、国土交通省の山田邦博技監、同省大臣官房技術調査課の森戸義貴課長(写真:日経クロステック)

 約25人が執務に使えるスペースやビデオ会議ができる個室を備えた「インフラDXルーム」を設けた。大人数でのビデオ会議もできるよう、8K映像を映せる85インチの大型ディスプレーをはじめ複数のモニターやカメラ、マイクを装備した。

 関東、近畿、中部、九州の4地方整備局や国土技術政策総合研究所との間で100Gbpsの高速通信環境を整備した。大画面で4K動画をリアルタイムにやりとりできるため、ビデオ会議で3次元モデルの形状や図面の細部を確認しながら議論できる。

3次元モデルを活用した議論が遠隔でできる(写真:日経クロステック)
3次元モデルを活用した議論が遠隔でできる(写真:日経クロステック)

 開所式では、さいたま市にある関東地整の庁舎から早川潤・荒川下流河川事務所長がディスプレー越しに河川周辺の地形や橋梁、建物の3次元モデルを見せ、視点を操作するデモンストレーションなどを披露した。