全967文字
PR

 国土交通省長崎河川国道事務所は、長崎県諫早市に建設中の本明川ダムの完成時期を2024年度から8年延期する変更案を示した。事業費は約500億円から約730億円に増える見通しだ。

本明川ダムの完成イメージ(資料:国土交通省長崎河川国道事務所)
本明川ダムの完成イメージ(資料:国土交通省長崎河川国道事務所)
[画像のクリックで拡大表示]

 本明川ダムは、洪水調節や河川流量の維持を目的とした総貯水容量620万m3の台形CSGダムだ。21年度の事業評価で同ダムの建設事業を再評価し、完成予定時期などを16年度の前回評価から見直した。長崎河川国道事務所が21年6月4日に開いた学識者懇談会(委員長:夛田彰秀・長崎大学留学生教育・支援センター教授)で報告した。

 工期を延長する主な要因は、付け替え道路の施工計画の見直しにある。現行では、ダムの完成を急ぐために本体工事と並行して県道や市道を付け替える計画になっている。しかし、ダムの完成後も周辺に残る住民や地元自治体から、生活への影響を抑えるよう求める声が上がっていた。

 それらの要望を反映し、本体工事の着手を遅らせて付け替え工事を先行する計画へ変更。生活道路を工事用道路から分離し、住民の車両が工事用車両と一緒に通行する頻度を減らす。また、家屋や墓地の代替地の整備に想定より時間がかかり、用地の取得が遅れている。

残存する集落を考慮して、道路の付け替え工事を終えてからダムの本体工事に着手する(資料:国土交通省長崎河川国道事務所)
残存する集落を考慮して、道路の付け替え工事を終えてからダムの本体工事に着手する(資料:国土交通省長崎河川国道事務所)
[画像のクリックで拡大表示]