全1202文字

 鹿島とケミカルグラウト(東京・港)は、薬液を注入する地盤改良工事などで、N値が最大で80程度の硬い地盤でも自在に削孔するボーリング技術「NaviX(ナビックス)工法」を共同開発した。曲率半径が10mの急曲線削孔が可能となり、施工の自由度が向上する。

「ナビックス工法」のイメージ。硬い地盤や急曲線など、多様な施工条件に対応する(写真:鹿島)
「ナビックス工法」のイメージ。硬い地盤や急曲線など、多様な施工条件に対応する(写真:鹿島)
[画像のクリックで拡大表示]

 ナビックス工法は、両社が2001年に共同で開発した曲がりボーリング技術「CurveX(カーベックス)工法」を改良したものだ。地中障害物を避けながら3次元的に削孔できるカーベックス工法は、海底トンネルやタンクの液状化対策などの薬液注入工事で、29件の実績を持つ。しかし、N値が30以下の比較的軟質の地盤にしか適用できないのが課題だった。

 そこでナビックス工法は、硬い地盤や障害物にも対応できるよう、硬質チップを装着した「先端ビット」を新たに開発。これを削孔ロッド(地盤を掘り進む長い管)に取り付けた。高周波の振動を与えながら回転して掘り進める。

新たに開発した「先端ビット」。硬質チップを装着し、強風化岩や礫(れき)層など、N値が80までの硬い地盤や残置コンクリート片といった障害物を削孔する(写真:鹿島)
新たに開発した「先端ビット」。硬質チップを装着し、強風化岩や礫(れき)層など、N値が80までの硬い地盤や残置コンクリート片といった障害物を削孔する(写真:鹿島)
[画像のクリックで拡大表示]

 先端ビットと高周波振動の相乗効果で、硬質粘土や強風化岩、礫(れき)層などの硬い地盤、残置コンクリート片などの障害物がある地盤を削孔する。土の硬軟や締まり具合を示す指標であるN値が80までの地盤に適用可能だ。なお、高周波振動は、削孔状況に応じて作動させる仕組みだ。

 実証施工では、N値が80程度の硬質な砂礫地盤を50m削孔。N値が30程度の地盤を90m削孔し、その先に設置した厚さ40cmのプレキャストコンクリート板を貫通して削孔することを確認した。

実証施工の様子。曲率半径10mの急曲線へも対応可能なことを確認した(写真:鹿島)
実証施工の様子。曲率半径10mの急曲線へも対応可能なことを確認した(写真:鹿島)
[画像のクリックで拡大表示]
実証施工では、厚さ40cmのプレキャストコンクリート板を貫通して削孔することに成功した(写真:鹿島)
実証施工では、厚さ40cmのプレキャストコンクリート板を貫通して削孔することに成功した(写真:鹿島)
[画像のクリックで拡大表示]