全618文字

 大林組は、暑中期など外気温が高いときでも施工に必要な流動性を保持するコンクリート「サンワーク」を開発した。コンクリートの温度が35~40度でも、コールドジョイントや充填不良といった不具合なく良好に打設できる。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い