全1127文字

 大林組とトヨタ自動車未来創生センター、豊田中央研究所(愛知県長久手市)は、電線や物流システムなどのインフラを地下に効率的に配置する次世代道路構想「ダイバーストリート」の実現に向けて動き始めた。鋼矢板で地下空間を構築する短工期かつ低コストの施工法を開発した。

ダイバーストリートのイメージ。地下空間を無人搬送車が走る(資料:大林組)
ダイバーストリートのイメージ。地下空間を無人搬送車が走る(資料:大林組)
[画像のクリックで拡大表示]

 ダイバーストリートは、地中化した電線類の収容や豪雨時の雨水貯留など道路下の空間の有効活用を目指す構想だ。地下に物流システムを構築すれば、地上の渋滞の緩和も見込める。

 「ダイバーストリートは、既設道路の造り替えと道路の新設のどちらでも採用できる。スマートシティーなど新たな街づくり計画が立ち上がったエリアへの導入に向けて検討を進めている」。大林組技術本部の伊藤剛統括部長はこう話す。

 地下空間の構築では、PCa(プレキャストコンクリート)ボックスカルバートを使用するのが一般的だ。鋼矢板を仮設の土留め壁として打設し掘削。次にPCaボックスカルバートをトレーラーで現地に運搬して、大型クレーンで設置する。カルバートの側部を埋め戻して、鋼矢板を引き抜けば完成だ。

 開発した工法では、鋼矢板を土留め壁としてだけでなく、本設の支持構造物としても使用する。上部に載る路面にはPCa床版などを採用して軽量化した。そのため、鋼矢板でも路面からの上載荷重を支持できる計算だ。

地下空間の構築にPCaボックスカルバートを使う従来工法(左)と、鋼矢板とPCa床版を組み合わせる新工法(右)(資料:大林組)
地下空間の構築にPCaボックスカルバートを使う従来工法(左)と、鋼矢板とPCa床版を組み合わせる新工法(右)(資料:大林組)
[画像のクリックで拡大表示]