全1012文字
PR

 安藤ハザマが独自開発した、石炭灰を原料とする「アッシュクリート」が、福島第1原子力発電所の津波低減対策で着底させたメガフロートに引き続き、建屋内への津波流入の抑制で新設する防潮堤にも採用される。2021年6月に着工し、23年度末の完成を目指す。

アッシュクリートを活用した人工地盤材料(写真:安藤ハザマ)
アッシュクリートを活用した人工地盤材料(写真:安藤ハザマ)
[画像のクリックで拡大表示]

 アッシュクリートは、火力発電所の燃焼副産物である石炭灰に海水とセメント、石こうを混ぜて作るコンクリート。砂や砂利が不要で、硬化促進剤として海水を利用するため、通常のコンクリートよりも低コストで製造できる。

 アッシュクリートは、大規模な漁場創出のために海底への人工山脈造成用のブロックとして1995年に採用されたのを皮切りに、様々な土工事に用いられてきた。ここ数年は、年間10万t程度の石炭灰をアッシュクリートに使っている。

 今回の防潮堤工事では、福島第1原発から20kmほどの距離にある県内のJERA広野火力発電所の石炭灰を使う。

 工事箇所の近くにはメガフロート用にアッシュクリートを製造したプラントがあるので、そのまま継続して利用できる。

福島第1原子力発電所の敷地内にあるアッシュクリートの専用プラント(写真:安藤ハザマ)
福島第1原子力発電所の敷地内にあるアッシュクリートの専用プラント(写真:安藤ハザマ)
[画像のクリックで拡大表示]