全1030文字

琵琶湖大橋は複数の5径間連続非合成鈑桁(ばんげた)部で3径間連続鋼床版箱桁部を挟んだ構造だ(写真:滋賀県道路公社)
琵琶湖大橋は複数の5径間連続非合成鈑桁(ばんげた)部で3径間連続鋼床版箱桁部を挟んだ構造だ(写真:滋賀県道路公社)
[画像のクリックで拡大表示]

 滋賀県道路公社は、琵琶湖大橋などで進めている改修工事の事業費を約7割増額し、同橋を含む有料道路の無料化を5年ほど延期する方針を固めた。工事内容の見直しなどに伴って事業費が膨れ上がった。2029年に予定していた工事の完了時期も約5年先送りする。県は21年11月29日、関連議案を県議会に提出した。

■取り付け道路のウエートも大きい改修工事
■取り付け道路のウエートも大きい改修工事
改修工事は琵琶湖大橋の耐震補強と取り付け道路拡幅などを主目的として開始した。工事内容の見直しで、取り付け道路の大津側区間に位置する新宿橋の工事のウエートが増大する。滋賀県道路公社の資料に日経クロステックが加筆
[画像のクリックで拡大表示]

 1964年に供用を開始した琵琶湖大橋は橋長1.4kmで、琵琶湖南部で東岸の守山市と西岸の大津市を結ぶ。公社は、両岸の取り付け道路を含む国道477号の延長15.4kmの区間を有料道路として管理している。

 公社は橋脚基礎の耐震補強や取り付け道路の一部4車線化、舗装の補修などの改修工事を計画。16年1月に国から認可を受け、19年3月に着工した。この時点の事業費は84億円で、完成予定時期を29年3月と設定。同年8月から取り付け道路を含めて通行を無料化する計画だった。