全810文字
PR

 大成建設は大量の二酸化炭素(CO2)を固定する環境配慮コンクリート「T-eConcrete/Carbon-Recycle(ティー・イーコンクリート/カーボンリサイクル)」を現場打ち舗装に適用した。環境配慮コンクリートで造った石材調建材の舗装ブロック「T-razzo」との併用で5.3m3の舗装を施工し、従来のコンクリート舗装と比べて計1.5t分のCO2排出量を削減できた。

大成建設技術センターの敷地内で施工した舗装箇所。現場打ちの実証試験(施工試験、施工後の性能評価)のため、配合ごとに区画を分けて舗装した(写真:大成建設)
大成建設技術センターの敷地内で施工した舗装箇所。現場打ちの実証試験(施工試験、施工後の性能評価)のため、配合ごとに区画を分けて舗装した(写真:大成建設)
[画像のクリックで拡大表示]

 T-eConcrete/Carbon-Recycleは、2014年に適用を開始した「T-eConcrete」シリーズの一種。工場の排出ガスから回収したCO2を原料とする炭酸カルシウムの粉末と産業副産物である高炉スラグを材料に使う。

 製造に特殊な設備は不要だ。1m3当たり70~170kgのCO2を固定するため、コンクリート製造におけるCO2排出の収支がマイナス(カーボンネガティブ)となる。コンクリートを少量しか使わない工事でも、CO2を大幅に削減できる。

 大成建設によると、カーボンネガティブに寄与する炭酸カルシウムを使った現場打ちコンクリート舗装は初だ。

T-eConcrete/Carbon-Recycleを使った現場打ち舗装の施工の様子(写真:大成建設)
T-eConcrete/Carbon-Recycleを使った現場打ち舗装の施工の様子(写真:大成建設)
[画像のクリックで拡大表示]
表面研磨後の現場打ち舗装。右は表面の拡大(写真:大成建設)
表面研磨後の現場打ち舗装。右は表面の拡大(写真:大成建設)
[画像のクリックで拡大表示]