全1096文字
PR

 大成建設と大成ロテックは、電動キックスケーターに太陽光発電で生成した電力を無線で供給する「グリーン充電ポート」の実用化に動き出した。バッテリーを交換したりケーブルでつないだりする必要がなく、キックスケーターを充電スポットに止めれば床から給電される。福岡市で2022年1月に実施した実証実験では、地面に設置した太陽光パネルで発電。電力の安定性を確認した。

電動キックスケーターを充電スポットに止めると自動で無線充電が始まる。右のキックスケーターにつながっているのは受電機器の模型(写真:大成建設)
電動キックスケーターを充電スポットに止めると自動で無線充電が始まる。右のキックスケーターにつながっているのは受電機器の模型(写真:大成建設)
[画像のクリックで拡大表示]

 福岡地所が運営するマリノアシティ福岡(福岡市)の敷地内で実証実験を行った。電動キックスケーターには、同乗り物のシェアサービスを手掛けるスタートアップのmobby ride(モビーライド、福岡市)が提供する「mobby」を使った。

 充電方法には「ワイヤレス充電システム」を採用。敷地内に設けたスポットに電動キックスケーターを止めれば、無線で充電が始まる。床には3層構造で薄型のパネルを敷いており、下から厚さ0.035mmの金属膜、4mmの樹脂パネル、0.035mmでテープ状の送電電極が積み重なる。

 電動キックスケーターには、受電側の電極になる機器を後付けしている。送電側と受電側の電極間に発生する電界を利用して電力を供給する仕組みだ。電極間の距離が短いほど効率的に充電できる。人体に影響を与える可能性がある漏洩電磁界が比較的少なく、安全性に優れている。送受電装置は、豊橋技術科学大学発のベンチャー企業であるパワーウェーブ(愛知県豊橋市)が設計した。

グリーン充電ポートの概略図。地面に敷設した太陽光パネルで発電した(資料:大成建設、大成ロテック)
グリーン充電ポートの概略図。地面に敷設した太陽光パネルで発電した(資料:大成建設、大成ロテック)
[画像のクリックで拡大表示]