全1812文字
PR

 広島市内の住宅地の直下で建設を進めている広島高速5号線のトンネルで、この3カ月ほどの間にシールド機のトラブルが3度発生し、工事が中断している。その影響で2022年度に予定している5号線(本線)の完成が遅れる見通しとなった。完成時期のめどは立っていない。

JR広島駅の北側に位置するシールドトンネル工事の起点付近の様子。2022年1月末時点。写真の山の向こう側の住宅地の直下でトラブルが相次いでいる(写真:広島高速道路公社)
JR広島駅の北側に位置するシールドトンネル工事の起点付近の様子。2022年1月末時点。写真の山の向こう側の住宅地の直下でトラブルが相次いでいる(写真:広島高速道路公社)
[画像のクリックで拡大表示]
シールドトンネル工事の坑内の様子。2022年1月末時点(写真:広島高速道路公社)
シールドトンネル工事の坑内の様子。2022年1月末時点(写真:広島高速道路公社)
[画像のクリックで拡大表示]

 問題が起こっているのは、広島高速1号線(安芸府中道路)とJR広島駅北口を結ぶ広島高速5号線(延長約4km)の一部で、駅北側の山間部を貫くトンネル(同約1.4km)の建設工事だ。県と市が出資する広島高速道路公社が発注し、大林組・大成建設・広成建設JVが泥水式シールド工法で施工している。

 この工事では、シールド機が掘進を開始してから3カ月後の18年12月に、面板に取り付けられたディスクカッターの一部が破損。5カ月ほど掘削を中断している。

(関連記事:周面抵抗を見誤り推力が過大に

 今回、トラブルが頻発しているのは、駅北側の山間部に造成された住宅地の区間だ。21年10月に、シールド機が駅北側の起点から641mの地点にある住宅地の直下に差し掛かった。住宅地の区間はそこから約350mに及ぶ。

広島高速5号線の位置図(資料:広島高速道路公社)
広島高速5号線の位置図(資料:広島高速道路公社)
[画像のクリックで拡大表示]
シールドトンネル工事の住宅地の区間(資料:広島県)
シールドトンネル工事の住宅地の区間(資料:広島県)
[画像のクリックで拡大表示]