全1035文字
PR

 国際航業とtranscosmos online communications(トランスコスモス・オンライン・コミュニケーションズ、東京・豊島)は、市民からLINEで送られてきた道路や公共設備の不具合情報を、統合データベースを通じて即座に各部署で共有するシステムを開発し、2022年3月に神奈川県藤沢市に導入した。21年3月の熊本市に続く2事例目となる。

LINE上の画面。報告する対象物について選択肢で回答できるため不慣れな人でも容易に通報できる(資料:藤沢市)
LINE上の画面。報告する対象物について選択肢で回答できるため不慣れな人でも容易に通報できる(資料:藤沢市)
[画像のクリックで拡大表示]

 舗装の陥没や側溝の欠けなど異常を発見した市民が、自分のスマートフォンを使って自治体のLINE公式アカウントにアクセス。トップ画面にある「市民レポート」から入って、トーク画面の案内に従ってメッセージや写真、位置情報を送信するだけでよい。

 LINEトーク画面上での受け答えは、人を介さず自動で会話するプログラム「チャットボット」が対応。個人情報の入力は不要で、24時間いつでも利用が可能だ。 自治体側は通報と同時に、対象物の位置情報や不具合の状態が分かる画像も受信。すぐに庁内のデータベース上に反映される。

「道路について報告する」を選択すると、さらに構造物の種類を聞かれる(資料:藤沢市)
「道路について報告する」を選択すると、さらに構造物の種類を聞かれる(資料:藤沢市)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回のサービスは、国際航業が全国360の自治体に展開している行政業務総合支援システム「Genavisシリーズ」の新機能だ。市民と行政をLINEでスムーズにつなぐために、トランスコスモス・オンライン・コミュニケーションズが開発した「KANAMETO(カナメト)」と連携させた。

国際航業の「Genavisシリーズ」の展開イメージ。統合データベースにより、各部門でのリアルタイムな情報連携が可能(資料:国際航業)
国際航業の「Genavisシリーズ」の展開イメージ。統合データベースにより、各部門でのリアルタイムな情報連携が可能(資料:国際航業)
[画像のクリックで拡大表示]