全1531文字
PR

 大阪府守口市で2021年12月、工事中のシールドトンネル内に作業員が2日間にわたって閉じ込められた事故で、掘削した土砂を収める容器の蓋が外れ、土砂があふれ出ていたことが関係者への取材で分かった。あふれた土砂が坑内に堆積し、作業員の退路を塞いだ。シールド機やセグメントに異常はなかった。

事故が起こったトンネルの位置図
事故が起こったトンネルの位置図
大庭浄水場と庭窪浄水場を結ぶトンネルで事故が起こった。大阪広域水道企業団の資料を基に日経クロステックが作成
[画像のクリックで拡大表示]

 事故が起こったのは、大庭浄水場(守口市)と庭窪浄水場(同)を結ぶ水道管を通すトンネルの掘削現場だ。延長974mで、内径は1.1m。施工者の大勝建設(大阪市)・中林建設(同)JVが、泥土圧式シールド工法の一種である「DXRシールド」で掘削していた。1次下請けには、DXRシールドをクボタと共同開発したクボタ建設が入っている。

 DXRシールドは、トンネル内周に鋼製セグメントを組み立てて「さや管」とする工法だ。さや管の構築が終わったら、その中に口径700mmのダクタイル鋳鉄管を敷設する。

事故状況の想定図
事故状況の想定図
内径1.1mのトンネル内に作業員が閉じ込められた。大阪広域水道企業団の資料を基に日経クロステックが作成
[画像のクリックで拡大表示]

 シールド機で掘削した土砂はチャンバーからホースで搬出し、密閉型の「土砂スキップ」と呼ぶ容器に収容する。このトンネルでは土砂スキップを2台つなぎ、その後方(坑口側)にバッテリー駆動の機関車を連結していた。

 チャンバーからホースを経て土砂スキップに入るまで全て密閉されているので、掘削した土砂は本来、シールド機内やトンネル内に露出することはない。トンネルの外に土砂スキップを搬送してから、側面の蓋を開けて土砂を排出する。

左の写真は、発進たて坑内の様子。右下の緑色の容器が土砂スキップ。右の写真は、バッテリー機関車(黄色い車両)を使い、土砂スキップを坑内へ搬送する様子(写真:大阪広域水道企業団)
左の写真は、発進たて坑内の様子。右下の緑色の容器が土砂スキップ。右の写真は、バッテリー機関車(黄色い車両)を使い、土砂スキップを坑内へ搬送する様子(写真:大阪広域水道企業団)
[画像のクリックで拡大表示]