全2020文字
PR

 2022年3月に発生した福島県沖地震で、東日本高速道路会社は東北自動車道で生じた路面の大規模な亀裂を迅速に補修。地震発生の約16時間後に全線の通行を再開した。その裏側には、災害時への備えや管理事務所の枠を超えた連携があった。

 地震の影響で、東北道や常磐自動車道では広範囲にわたり路面の損傷などが発生した。東北道の国見インターチェンジ(IC)―白石IC間のうち宮城県白石市を通る区間では、下り線の路面に長さ約50m、幅約30~50cmの亀裂が生じた。

東北自動車道の国見IC—白石IC間の下り線では、路面に長さ50mにわたる亀裂が生じた(写真:東日本高速道路会社)
東北自動車道の国見IC—白石IC間の下り線では、路面に長さ50mにわたる亀裂が生じた(写真:東日本高速道路会社)
[画像のクリックで拡大表示]
東日本高速道路会社の管内で地震による通行止めを実施した区間と主な被災箇所(資料:東日本高速道路会社)
東日本高速道路会社の管内で地震による通行止めを実施した区間と主な被災箇所(資料:東日本高速道路会社)
[画像のクリックで拡大表示]

 地震が発生したのは、3月16日午後11時半ごろ。国見IC―白石IC間を管轄する東日本高速の福島管理事務所(福島市)は地震発生の直後に施工会社を手配し、翌17日の午前10時には亀裂の補修作業を始めた。

 東日本高速東北支社では災害などの非常時に備え、それぞれの管理事務所が施工会社と点検や応急復旧に関する協定を結んでいる。応急復旧などに従事した施工会社には、その後に実施する総合評価落札方式の入札で加点するなどインセンティブを与えている。

 福島管理事務所の管轄区間では、他の管理事務所にも応援を要請。山形管理事務所(山形市)が手配した施工会社が現場に加わり、施工会社3社と東日本高速グループの計204人が現地で作業に当たった。17日の午後3時半には、東北自動車道の通行止めを解除した。

 東北支社広報課は復旧前後の状況をツイッターに投稿。迅速な復旧の様子を一般の高速道路利用者に発信した。同社では地震時のほか、吹雪による通行止めが発生した場合にもライブカメラの映像を投稿している。

応急復旧が完了した東北自動車道の国見IC—白石IC間の下り線(写真:東日本高速道路会社)
応急復旧が完了した東北自動車道の国見IC—白石IC間の下り線(写真:東日本高速道路会社)
[画像のクリックで拡大表示]

 東日本高速が被災箇所以外の管理事務所から施工会社を派遣したのはこの区間だけではない。福島管理事務所の南側にある郡山管理事務所(福島県郡山市)は、契約する施工会社を常磐道へ派遣。広範囲で路面の損傷が生じた常磐道の補修作業に当たってもらった。

山形管理事務所や郡山管理事務所が契約する施工会社が他の管轄区間で作業に当たった。東日本高速道路会社の高速道路情報サイトの資料に日経クロステックが加筆
山形管理事務所や郡山管理事務所が契約する施工会社が他の管轄区間で作業に当たった。東日本高速道路会社の高速道路情報サイトの資料に日経クロステックが加筆
[画像のクリックで拡大表示]