全1249文字
PR

 東京都は気候変動に伴う海面上昇や台風の強大化を見据え、既存の防潮堤を最大1.4mかさ上げする計画をまとめた。国土交通省によると、温暖化を踏まえた防潮堤の整備計画作成は全国で初めて。降雨量が従来の1.1倍に増えると見込んで内水氾濫の防止にも取り組む。2022年11月7日に東京湾沿岸海岸保全基本計画の改定案を公表し、意見募集(パブリックコメント)を始めた。

東京都の防潮堤における現在の天端高と将来計画する天端高。東雲駅付近の「東部地区」では最大となる1.4mのかさ上げを実施する予定だ(出所:東京都)
東京都の防潮堤における現在の天端高と将来計画する天端高。東雲駅付近の「東部地区」では最大となる1.4mのかさ上げを実施する予定だ(出所:東京都)
[画像のクリックで拡大表示]

 国交省の有識者委員会が20年7月に示した提言「気候変動を踏まえた海岸保全のあり方」を基に、東京都港湾局が改定案をまとめた。提言では、2100年までに平均気温が2℃上昇する前提で海岸保全施設を整備する必要があると指摘している。気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の報告書によると、平均気温が2℃上がった場合、海面の平均水位が29~59cm上昇する。

 都は海面が60cm上昇した際に生じる可能性のある高潮や波浪について検討。1959年に愛知県などで過去最大の高潮被害をもたらした伊勢湾台風を上回る、中心気圧930ヘクトパスカルの大型台風を想定して防潮堤を整備する。

 東京湾沿岸にある防潮堤の延長は62.4km、天端高は荒川工事基準面(A.P.)に対して4.6~8mだ。それを5.6~8mまでかさ上げする。最大のかさ上げ高は、東雲(しののめ)駅付近の「東部地区」の1.4mだ。当初から8mの高さで整備した江東区青海付近などの防潮堤は、海面上昇の影響を加味しても必要な高さは変わらなかった。

 防潮堤のかさ上げは、2100年までに段階的に進める。防潮堤の耐用年数を50年としているため、当面は50年後の海面上昇量などの予測を基に整備する。潮位のモニタリングを続け、適宜計画を見直す方針だ。

防潮堤のかさ上げは2100年に向けて段階的に進める。当面は50年後の海面上昇に対して余裕高を見込んだ天端高を設定する(出所:東京都)
防潮堤のかさ上げは2100年に向けて段階的に進める。当面は50年後の海面上昇に対して余裕高を見込んだ天端高を設定する(出所:東京都)
[画像のクリックで拡大表示]