全4955文字
PR

 日本と海外を隔てる壁がある。それは言葉の壁だ――。こう書き出すと、読者から「おいおい、以前から言われていることなのに、何を大仰に騒いでいるのだ」と笑われてしまいそうだ。だが、今回の「極言暴論」で問題にしたい言葉の壁とは、外国人とうまくコミュニケーションが取れないといった意味ではない。気付いている人が少ないゆえに、より深刻な問題なのだ。

 何のことかと言うと、言葉の本来の意味が日本では正しく伝わっておらず、適当に使われている外国語のことだ。最も適当に使っているのが、我らがIT業界である。ご存じのようにカタカナ英語のオンパレードだ。もちろんカタカナ英語も外来種とはいえ立派な日本語なので、それ自体に文句はない。問題なのはカタカナ英語の元の言葉の意味が正しく伝わっておらず、場合によっては完璧な誤訳だったりする点だ。

 代表例はデジタルサービスのためのシステムなどを総称するSoE(Systems of Engagement)である。問題の言葉はエンゲージメントで、以前には外資系の大手ITベンダーの日本人役員が「エンゲージメントは『きずな』という意味」などと話していて、あきれてものが言えなかった。「交戦」という意味もあるエンゲージメントが「きずな」のわけがないでしょ。

 誤訳されたエンゲージメントの話は以前、別の記事にまとめたので、くどくどと書かないが、この誤訳はIT業界以外にも日本全体で広まっているようだ。例えば「従業員エンゲージメント」を「愛社精神」と称している一文を見つけて、腰を抜かしそうになったことがある。そう言えば、ITによる解決策を提供するというSIerの本分は「顧客の課題にエンゲージメント(積極的に関与)する」はずなのだが、やはり「お客様に寄り添う」という気色悪い「きずな」にすり替わる。

 エンゲージメントほどはひどくはないが、実は「テクノロジー」「イノベーション」といった今のITを語るうえで不可欠なカタカナ英語にも問題がある。これらは誤訳ではないが、意味を限定しているから、米国企業が使う場合と意味が異なったりする。さらに言えば「ビジネスモデル」や「アーキテクチャー」も日本ではかなり意味があやしい。

 読者の中には「それって単なる言葉の問題でしょ。大騒ぎするような話じゃない」と思う人がいるかもしれないが、それは大きな間違いだ。言葉は思考の道具であり、それゆえに思考を縛るわなにもなる。IT業界に氾濫するカタカナ英語を使いまくってシステムを企画した結果、とんでもないトホホなシステムを作ってしまう例が日本では多発している。そう、最大の元凶はまさに「システム」というカタカナ英語だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料