全5622文字
PR

 最近、噴飯ものだと思う議論がある。「誰がDX(デジタルトランスフォーメーション)を主導すべきか」というものだ。もちろん「社長に決まっているじゃないか」が正解なのだが、それだけをもってあきれているわけではない。社長がDXを我がことと思っていなければ話にならないのだが、それを前提として誰が社長の「名代」としてDXを主導すべきかという議論が大笑いなのである。

 この「極言暴論」を熱心に読んでくれている読者はもう察しがついているかと思うが、「DXの旗振り役をCIO(最高情報責任者)が担うべきだ」という人たちが一定数存在する。まさにこの議論が噴飯ものなのだ。そりゃ無理でしょ。ただ、どうやら「そりゃ無理」はこの人たちもよく分かっているようで、「DXを主導できるようにするにはCIOの役割を再定義しなければいけない」と大真面目に議論していたりする。だが、それは時間の無駄というものだ。

 こんな話をすると、「CIOではなくCDO(最高デジタル責任者)が担えばよいのだな」と早合点する人が出てきそうだが、それも違う。確かに企業によっては、DXを主導する役員としてCDOを設置しているが、実際にはとてもじゃないが「DX担当役員」とは言い難いケースが多い。その実態をよく見てみるといい。AI(人工知能)といった流行技術を使って何らかのデジタルサービスをつくる新設のデジタル推進組織の長にすぎなかったりする。

 CIOとCDOの両役員を置く企業では、さらに噴飯ものの議論が起こる。いわく「DXを推進するうえで、CIOとCDOの役割分担はどうあるべきか」。いかにも和をもって尊しとなす日本企業らしいが、こんな議論をやっている時点でアウトだ。これから詳しく書くが、DXなんてできっこない。しかし当事者たちは大真面目である。で、たどり着いた結論は「両者が協力しつつ、CIOは基幹系システムの刷新で、CDOは新たなデジタルサービスの創出でDXに貢献する」となる。これはもう、笑うしかない。

 確かに、デジタルサービスの創出はDXの重要な一環であるし、老朽化した基幹系システムの刷新はDXを推進するうえでの1つの前提だ。それに、CDOが長を務めるデジタル推進組織で新サービスのためのシステムを構築しようとすれば、基幹系システムとの連携などでCIOが長を務めるIT部門の協力を仰がなければならない。だからCIOとCDOが協力するのは当然である。

 だがそれはDXの「D」、つまりデジタル(あるいはIT)についての役割分担と協力関係を言っているにすぎない。肝心のトランスフォーメーションはどうしたんだよ。何度も言っているが、DXの魂は「X」のトランスフォーメーション、つまり変革である。基幹系システムのお守りが主任務のCIO(というか、本当は執行役員IT部長にすぎなかったりするのだが)や、よちよち歩きのデジタルサービスの創出を手掛ける程度のCDOは、DXを主導することなどできない。それは両者が役割分担しても同じである。