全4604文字

 今回の「極言暴論」ではITベンダーの若手技術者に向けて警告を発したいと思う。間違って人月商売の一員となっていたとしても、悪いことは言わない。大規模なシステム開発プロジェクトのメンバーに組み込まれるのだけは、どんな手を使ってでも避けるべし。SIerあたりではいまだに大規模プロジェクトは花形の仕事のようだが、これから先、技術者としてのキャリア形成に何の役にも立たないどころか、害になるだけだぞ。

 「これからはアジャイル開発が主流になるからウオーターフォール型開発に加わるのはやめておけ、とでも言いたいのだな」と思う読者も多いかと思う。もちろん、その意味合いもあるが、それだけではない。ウオーターフォール型開発、特に大規模開発に参画しているようでは、技術者に必要なスキルをほとんど磨けないという冷厳な事実を認識してほしいのだ。

 冷静に考えてほしい。大規模プロジェクトの開発チームに「技術者」はいったい何人いるだろうか。ほとんどいないのが現実だろう。「何をばかなことを言っているのか」とあざ笑う人もいるだろうが、事実だから仕方がない。技術者がほとんどいなくても大規模なシステムを開発できてしまうのが、ある意味、ウオーターフォール型開発のすごいところである。

 大規模プロジェクトなら、SIerのプロジェクトマネジャーを頂点に何層ものプロジェクトリーダーやチームリーダーを配した管理階層が形成される。そして彼らの監督下で、IT業界の多重下請け構造を使って集められた大勢の「コーダー」が実際に手を動かしてコーディング作業を担う。さて、もう一度聞く。この開発チームの中に技術者は何人いるでしょうか。ほら、ほとんどいないと気づくだろう。

 技術者とは「エンジニア」のことだ。IT業界では「システムエンジニア(SE)」と呼ぶ。SIerの人であろうが、下請けITベンダーの人であろうが、おそらく開発チームの大半がSEの肩書を付けた名刺を持っているだろう。だが、実際にシステムをエンジニアリングしている人はと言えば、ごく少数だ。あとの大半は技術者と言えず、SEを詐称しているのである。

 では、SEを詐称している人たちはいったい何者かと言えば、2つのグループに分けられる。1つは開発チームの管理階層を形成する、主にSIerの社員から成る現場監督たちだ。私は彼らを「オーバーヘッダーズ」と呼ぶ。もう1つのグループが、下請けITベンダーから集められたコーダーたちだ。彼らもシステムをエンジニアリングする技術者ではない。工場の労働者と同じ位置づけのコーディング作業員である。