ばらついたデータの特徴を発見、Excel操作をやさしく手ほどき

VAR.S関数とSTDEV.S関数を利用する VAR.S関数とSTDEV.S関数を用いて分散と標準偏差を算出した。いずれも引数を標本と考える関数のため、先に計算した結果と微妙に異なる
VAR.S関数とSTDEV.S関数を利用する
VAR.S関数とSTDEV.S関数を用いて分散と標準偏差を算出した。いずれも引数を標本と考える関数のため、先に計算した結果と微妙に異なる

カーソルキー(←/→)でも操作できます