全1572文字

 土木で3Dを活用する際、3次元CADをベースにしたCIMソフトが使われる。様々な特徴を持ったものが市販されているが、一長一短がある。そこで、橋の建設を手掛ける三井住友建設は、使い勝手を追求してソフトを自作。設計と施工の両方の効率を高めた。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い