全1660文字

 CIMの目的は、3次元形状に属性情報を付加したモデルを使い、建設事業の一連の工程で生産性を向上させることにある。そのため、各工程でのデータを後工程に引き継ぐことが重要だ。生コンに関する属性情報を付加する大成建設のシステム「T-CIM/Concrete」が、国や業界団体から注目を集めている。

この記事は有料会員限定です

【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!