PR

アークヒルズサウス(港区六本木)

 日本第1号拠点として六本木一丁目を選んだのは、日本で展開する海外企業の多くが集まる地の利を活用するためだという。

「アークヒルズサウス」の共用エリアの壁際にあるベンチシートはオリジナルデザイン(出所:WeWork)
「アークヒルズサウス」の共用エリアの壁際にあるベンチシートはオリジナルデザイン(出所:WeWork)
[画像のクリックで拡大表示]
「アークヒルズサウス」の上階にはグループで作業しやすいボックス席がある(出所:WeWork)
「アークヒルズサウス」の上階にはグループで作業しやすいボックス席がある(出所:WeWork)
[画像のクリックで拡大表示]

丸の内北口(千代田区丸の内)

 JR東京駅前の丸の内北口ビルディングで3月1日に開業した「丸の内北口」では、皇居周辺の豊かな緑や堀の石垣に触発されたデザインを家具やグラフィックアートにちりばめている。東京のビジネスエリアの中心で、スタートアップや世界有数の金融機関、大手企業、専門企業などからなるコミュニティーの形成を目指している。

「丸の内北口」の共用部。共用エリアを囲むようにガラス張りの会議室を配置している(出所:WeWork)
「丸の内北口」の共用部。共用エリアを囲むようにガラス張りの会議室を配置している(出所:WeWork)
[画像のクリックで拡大表示]
「丸の内北口」のソファ席に置かれたローテーブル(出所:WeWork)
「丸の内北口」のソファ席に置かれたローテーブル(出所:WeWork)
[画像のクリックで拡大表示]
「丸の内北口」のパントリー。背もたれのないスツールを置き、振り返って、近くにいる人と関わりを持つ機会が発生しやすくなる効果を狙っている(出所:WeWork)
「丸の内北口」のパントリー。背もたれのないスツールを置き、振り返って、近くにいる人と関わりを持つ機会が発生しやすくなる効果を狙っている(出所:WeWork)
[画像のクリックで拡大表示]