PR

 大手ハウスメーカーの非住宅事業に注力する動きが活発化している。ミサワホームは5月8日、大末建設(大阪市)と資本業務提携を締結した。大末建設が持つ大規模建築関連のノウハウを得ることで、オフィスビルや複合開発を含む街づくり事業といった戸建て住宅以外の分野を強化する方針だ。

 ミサワホームは、大末建設の発行済株式のうち14.03%を東建託及び他の株主から市場外の相対取引により取得する予定だ。株式異動日は5月25日で、これによりミサワホームは大末建設の筆頭株主になる。

資本業務提携を締結し握手するミサワホームの磯貝匡志社長(左)と大末建設の日高光彰社長(右)(出所:ミサワホーム)
資本業務提携を締結し握手するミサワホームの磯貝匡志社長(左)と大末建設の日高光彰社長(右)(出所:ミサワホーム)
[画像のクリックで拡大表示]

 資本業務提携により両社は、技術と施工分野において連携を進める方針だ。具体的には、人材交流を通じて現場の技能を向上するという。施工者や技術者を相互で融通しあうことで生産性の向上を図ったり、施工力を補完したりする。両社が使用する「建具や家具」を規格化したり標準化したりすることで、設計効率の向上も見込む。

 ほかに、共同調達によってコストの削減を進めたり、共同の営業企画による入札にも取り組んだりする方針だ。