全2324文字
PR

 東京都八王子市の高尾山ケーブルカーの山上側、高尾山駅の前に立つ売店施設が、「高尾山スミカ」へと生まれ変わった。既存の売店に大規模模様替えを実施して、2018年4月1日にオープンした。既存建物には検査済み証が無かったことや、国定公園内に位置するために関係法令が適用されるなど、難易度の高い状況でのリノベーションだったが、地形を生かして、建物内部の空間と道を一体的にデザインした。意匠設計を担当した成瀬・猪熊建築設計事務所(東京都杉並区)の共同主宰である成瀬友梨氏と猪熊純氏に高尾山スミカのこだわりや、プロジェクトでの苦労話を聞いた。

左から、高尾山スミカの設計を担当した成瀬・猪熊建築設計事務所(東京都杉並区)の共同主宰である成瀬友梨氏と猪熊純氏。2人に今回のプロジェクトのこだわりと、苦労話を聞いた(写真:日経アーキテクチュア)
左から、高尾山スミカの設計を担当した成瀬・猪熊建築設計事務所(東京都杉並区)の共同主宰である成瀬友梨氏と猪熊純氏。2人に今回のプロジェクトのこだわりと、苦労話を聞いた(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]
高尾山ケーブルカーの山上側「高尾山駅」の前に立つ売店施設に大規模模様替えを実施。4月1日にオープンした。新商業施設名は「高尾山スミカ」。後ろに見える円形の建物は「高尾山展望レストラン」(写真:日経アーキテクチュア)
高尾山ケーブルカーの山上側「高尾山駅」の前に立つ売店施設に大規模模様替えを実施。4月1日にオープンした。新商業施設名は「高尾山スミカ」。後ろに見える円形の建物は「高尾山展望レストラン」(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 高尾山スミカは高尾山ケーブルカーの山上側にある高尾山駅から登山道につながる通路の脇に位置する。建物の裏は山の斜面が隣接している。面積約357m2、構造は鉄骨造2階建ての一部平屋造だ。

高尾山駅正面の広場から見た、高尾山駅(左)と高尾山スミカ(右)。2つの建物の間を通って登山道に出られる(写真:日経アーキテクチュア)
高尾山駅正面の広場から見た、高尾山駅(左)と高尾山スミカ(右)。2つの建物の間を通って登山道に出られる(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]
高尾山スミカの後ろに山の斜面が迫る。通路と山に挟まれた狭小空間でのプロジェクトだった(写真:日経アーキテクチュア)
高尾山スミカの後ろに山の斜面が迫る。通路と山に挟まれた狭小空間でのプロジェクトだった(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 高尾登山電鉄は、リノベーション計画を立てるためのコンサルティングをリビタに依頼した。意匠設計を成瀬・猪熊建築設計事務所、耐震診断・構造計算をBeach Side Studio(東京都港区)、施工を京王建設が担当した。

今回のプロジェクトに関わった各主体の関係図。プロジェクト大枠の設定をリビタが行い、既存不適格調書の作成に向けた調査ではBeach Side Studioと協力して行った。さらに、クリエイターや施工を担当した京王建設など、多くの主体が今回のプロジェクトに関わっている(資料:取材を基に日経アーキテクチュアが作成)
今回のプロジェクトに関わった各主体の関係図。プロジェクト大枠の設定をリビタが行い、既存不適格調書の作成に向けた調査ではBeach Side Studioと協力して行った。さらに、クリエイターや施工を担当した京王建設など、多くの主体が今回のプロジェクトに関わっている(資料:取材を基に日経アーキテクチュアが作成)
[画像のクリックで拡大表示]

 猪熊氏は建物のコンセプトとして、「『つながりを持たせる』ことが一番のこだわりだった。長手方向を2つの空間に分け、両方で行き来ができるように計画した」と話した。