全1286文字
PR

 竹中工務店とフジタがそれぞれソフトバンクと組み、四足歩行型ロボットの現場活用に乗り出した。

 竹中工務店は6月25日、ヒト型ロボット「Pepper(ペッパー)」などを手掛けるソフトバンクロボティクス(東京都港区)、ソフトバンクと共同で実証実験を実施したと発表した。

 ソフトバンクグループ傘下の米国ロボットメーカー、Boston Dynamics(ボストン・ダイナミクス)が開発する「SpotMini(スポットミニ)」を、建設現場の進捗管理や安全点検などで活用する考えだ。今後も実証実験を重ねてデータを収集し、スポットミニ本体に装着するモジュールなどを建設現場向けに共同開発する。

 ボストン・ダイナミクスは、「バク宙」をする二足歩行型ロボットなどを発表し、話題を集めてきた企業。スポットミニは、同社の新型ロボットで、4本の脚を駆使して階段を上り下りしたり、ドアがあっても頭部に装着したアームでノブを器用に開けたりできる。本体に装備したセンサーやカメラで自己位置や障害物などを認識。段差がある場所や階段などの不整地でも自律走行が可能だ。

ボストン・ダイナミクスが2018年5月に公開したスポットミニの開発状況を紹介する動画。自己位置や障害物などを認識しながら走行し、階段を上り下りする様子が紹介されている(動画:Boston Dynamics)
ボストン・ダイナミクスが2018年2月に公開したスポットミニの開発状況を紹介する動画。頭部のアームでドアのノブを回し、ドアを開ける様子が紹介されている(動画:Boston Dynamics)

 竹中工務店は、この高い“身体能力”に着目。2017年夏、ソフトバンクグループの傘下に入る以前のボストン・ダイナミクスにラブコールを送り、建設現場でのスポットミニ活用に向けた実証実験にこぎ付けた。竹中工務店の技術研究所で先端技術研究部長を務める菅田昌宏氏は、「建設現場には床段差や仮設階段といった不整地が多くあることから、車輪などを備えたロボットの場合、現場内を巡回するような自律走行が困難だった。これが普及を妨げる一因になっていた」と話す。