国土交通省によると、2018年7月の住宅着工戸数は8万2615戸で、対前年同月比は0.7%減となった。2カ月連続の減少だ。利用関係別にみると、持ち家は前年同月比がプラス成長だったものの、貸家と分譲住宅がともにマイナス成長で足を引っ張った。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い