全878文字
PR

 ドローンを使って屋根からの雨漏りを検査――。東急リバブルは全国の店舗で展開している「リバブルあんしん仲介保証(建物保証)」に、ドローンを活用した一戸建て住宅の屋根上検査を開始した。2018年9月5日から実施している。

ドローンの操縦は安全性を確保するために有資格者が行う(写真:東急リバブル)
ドローンの操縦は安全性を確保するために有資格者が行う(写真:東急リバブル)
[画像のクリックで拡大表示]

 同社は、12年に独自の建物検査・保証制度「リバブルあんしん仲介保証」を開始。引き渡し後の雨漏りや蟻害などに対する補修費用を最長2年間、最大500万円まで保証する。これまで4万件の利用があり、うち約3割を戸建て住宅が占める。

 同社の検査実績によると、中古一戸建て住宅の1~2割程度で雨漏りの発生が疑われるという。ところが、こうした建物の場合、壁や開口部の状況は目視で確認できるものの、屋根の検査には足場の設置など大掛かりな仮設工事が必要で、目視による確認が難しかった。そのため、天井や外壁に染みやカビが発生しているケースなど、雨漏りが疑われる場合でも、屋根の目視確認による情報を除いた範囲で説明するしかなかった。この場合は保証も対象外となっていた。

 そこで、屋根の状態を詳細に把握するために、ドローンを活用して上空から検査することにした。大規模建物の検査でドローンを利用するケースは既に存在するものの、戸建て住宅の検査に活用するのは珍しい。