PR

 大林組は、コンクリート破砕などに使う重機のブレーカーの先端を気泡で覆い、騒音レベルをエネルギー換算で約7割低減させる「バブルサイレンサー」を開発した。気泡を徐々に流す後付けの装置を重機に取り付け、ノミ部分や破砕対象を泡で覆う。粉じん飛散の抑制にもつながる技術として、今後、コンクリート構造物の解体、岩盤の掘削などへ適用する。

バブルサイレンサーを使った解体の様子。泡で包まれた中にブレーカーの先端がある(写真:大林組)
バブルサイレンサーを使った解体の様子。泡で包まれた中にブレーカーの先端がある(写真:大林組)
[画像のクリックで拡大表示]

 重機のアタッチメントの中で、ブレーカーは騒音が大きな部類に入る。構造物を解体する場合、大きなツメで破砕対象を握りつぶす圧砕機など、比較的静かなアタッチメントもあるが、地下構造や基礎などでは構造物の背面に空間がなく、ツメで構造物をつかめないことも多い。そうした場面ではブレーカーが欠かせない。

 バブルサイレンサーは、ブレーカーに取り付ける気泡発生装置と気泡放出装置、発生装置にホースでつながる気泡溶液、別のホースで空気を圧送するコンプレッサーから成る。常に一定の厚みとなるように気泡を送り出し、ノミ部分を気泡で覆う仕組みだ。

「バブルサイレンサー」の概要。ブレーカーのボディー側で泡をつくり、ノミ部分の先端を包むように送出する(資料:大林組)
「バブルサイレンサー」の概要。ブレーカーのボディー側で泡をつくり、ノミ部分の先端を包むように送出する(資料:大林組)
[画像のクリックで拡大表示]