PR
全1882文字

 「室温が安定すると血圧の季節差が小さくなる」「部屋間の温度差や足元付近(床近傍)の室温が血圧に影響を与える」「断熱改修をして室温が上がると、住宅内での活動量が増える」――。住宅の室温と健康にどのような関係があるかを探る調査の過程で、新たな知見が浮かび上がってきた。その詳細を3回に分けて報告する。

 日本サステナブル建築協会は、住宅内の室温と健康の関係を探る「スマートウェルネス住宅等推進調査」を2014年から実施している。この調査の第3回中間報告会が19年2月1日に行われた。スマートウェルネス住宅等推進調査委員会の幹事と調査・解析小委員会の委員長を務める慶応義塾大学理工学部の伊香賀俊治教授らが発表した。

スマートウェルネス住宅等推進調査委員会の幹事と調査・解析小委員会の委員長を務める慶応義塾大学理工学部システムデザイン工学科の伊香賀俊治教授(写真:日経ホームビルダー)
スマートウェルネス住宅等推進調査委員会の幹事と調査・解析小委員会の委員長を務める慶応義塾大学理工学部システムデザイン工学科の伊香賀俊治教授(写真:日経ホームビルダー)
[画像のクリックで拡大表示]

 これまでの調査報告では、室温が低いほど血圧が高くなることや、心電図の異常所見などが多くなること、就寝前の室温が低いほど夜間頻尿のリスクが高くなることなどについて発表されてきた。

 今回は、これらの知見やデータに加えて、部屋間の室温差や床近傍の温度差による影響、疾病、身体活動量といった項目について分析し、得られつつある新たな知見として7つの項目を報告した。

 なかでも、家庭内での血圧について詳細な数値が得られていることや、部屋間の室温差、床近傍の温度の違いがもたらす健康への影響などが分かってきた点に成果があったと伊香賀教授は説明した。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い