PR
全1122文字

 2020年の東京五輪で選手村として使われる、「晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業」の建物群。五輪後は約13ha(ヘクタール)の土地に5632戸の賃貸・分譲住宅や商業施設を含む24棟が立ち並び、約1万2000人が暮らす街「HARUMI FLAG」に姿を変える予定だ。分譲住宅の第1期販売が19年7月下旬にも始まる。賃貸・分譲街区の板状棟の完成は、22年秋を予定している。

 販売開始に先立ち、三井不動産レジデンシャルなど売り主10社は、19年4月27日に販売センター「HARUMI FLAG パビリオン」をオープン。5月23日には内部のVR(仮想現実)システムなどを報道陣に公開した。

 マンションの建築現場は立ち入りが制限される。そのため購入希望者は内装や室内からの眺望などを確認できない。そこで同パビリオンでは、最新のVRやプロジェクションマッピング技術を用いた体験コーナーを充実させた。

販売センターである「HARUMI FLAG パビリオン」。見学は完全予約制(写真:日経アーキテクチュア)
販売センターである「HARUMI FLAG パビリオン」。見学は完全予約制(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

実寸大で部屋や街並みを確認できる

 中でも、HARUMI FLAGの街並みや住民の共用スペースを実寸大で体感できる円柱状の「VRドーム」は、疑似体験設備としては画期的なものだ。

HARUMI FLAG パビリオンにある円柱状の「VRドーム」。ゴーグルを使わずに、実寸大の部屋を疑似的に確認できる。写真はマンションの共用スペースの様子(写真:日経アーキテクチュア)
HARUMI FLAG パビリオンにある円柱状の「VRドーム」。ゴーグルを使わずに、実寸大の部屋を疑似的に確認できる。写真はマンションの共用スペースの様子(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]
HARUMI FLAGの街並みも、実際に歩いているような感覚で体験できる(写真:日経アーキテクチュア)
HARUMI FLAGの街並みも、実際に歩いているような感覚で体験できる(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い