全936文字
PR

 竹中工務店は床や壁、天井を一体で免震化する部屋免震システムを開発し、血液検査機器大手シスメックス(神戸市)のバイオ診断薬研究開発・生産施設「テクノパーク イーストサイト」のクリーンルームに適用した。地震時に設備機器の転倒や部屋の損傷を防ぎ、事業継続に役立てる。

部屋免震システムを導入した「テクノパーク イーストサイト」の外観。2019年2月に竣工した(写真:竹中工務店)
部屋免震システムを導入した「テクノパーク イーストサイト」の外観。2019年2月に竣工した(写真:竹中工務店)
[画像のクリックで拡大表示]

 構造躯体の内側に床・壁・天井を一体化したフレーム(部屋)を構築し、部屋の床下に球面すべり支承を設置する。球面すべり支承を採用したのは、球面の曲率半径だけで固有周期が決まるため、室内の設備機器の重量によらず周期を長くできるからだ。出入り口や配管ダクトには免震エキスパンションジョイントや免震継ぎ手を設け、構造躯体との変位差を吸収する。

部屋免震システムのイメージ。「テクノパーク イーストサイト」では壁と構造躯体の間に幅35cmのクリアランスを設けた(資料:竹中工務店)
部屋免震システムのイメージ。「テクノパーク イーストサイト」では壁と構造躯体の間に幅35cmのクリアランスを設けた(資料:竹中工務店)
[画像のクリックで拡大表示]

 竹中工務店は、震度6強相当の地震を想定した場合、部屋免震システムによって応答加速度を600~800ガルから200ガル以下まで抑えられると試算する。