PR
全1172文字

 不動産会社のランディックス(東京都世田谷区)は、注文住宅を建てる土地の購入を検討している顧客と、住宅会社や工務店、建築設計事務所といった住宅の設計者・施工者とをつなぐウェブサービス「sumuzu Matching」(スムーズマッチング)の試験運用を2019年10月21日に開始した。

 土地の選定から住宅の設計コンペまでをサイト上で行う。顧客が、ランディックスが分譲する土地と、そこでのプランを提案してほしい設計者・施工者を複数選択すれば、各社に電子メールで連絡が届く。設計者・施工者は、土地や顧客の要望などの情報を見て、提案したいプロジェクトであれば参加表明をする。顧客の承認を受けたうえで設計プランや見積もりを提出する。

注文住宅を建てる土地の購入を検討している顧客と、住宅会社や工務店などの設計・施工会社とをつなぐウェブサイト「sumuzu Matching」(https://sumu-z.jp/sumuzu-matching-lp/)のトップページ(資料:ランディックス)
注文住宅を建てる土地の購入を検討している顧客と、住宅会社や工務店などの設計・施工会社とをつなぐウェブサイト「sumuzu Matching」(https://sumu-z.jp/sumuzu-matching-lp/)のトップページ(資料:ランディックス)
[画像のクリックで拡大表示]

「sumuzu Matching」の「売地情報」のページ例(資料:ランディックス)
「sumuzu Matching」の「売地情報」のページ例(資料:ランディックス)
[画像のクリックで拡大表示]

 提案を見た顧客は、その中から2社以内との面談に進むか、提案の修正を望む場合は3社以内に再提案を依頼できる。面談までのやりとりは全てサイト上で行い、顧客の個人情報は提案元の参加会社に伝えない。

 やりとりの途中で、顧客が設計者・施工者を絞り込むために不採用にできる一方、提案に参加した設計者・施工者が顧客の希望条件とミスマッチであると判断すれば、辞退もできる。顧客が土地購入を申し込んだ後、絞り込んだ1社による最終提案に進む。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い