PR
全972文字

 瓦メーカー大手の鶴弥(愛知県半田市)は、台風などの自然災害で被災した屋根の棟養生を想定したシート「らく棟シート」を2020年1月27日に発売した。近年、強大化する台風などで多くの住宅が被災。特に防災瓦や防災工法に対応していない仕様の住宅では、屋根の被害規模が大きくなるケースが目立つ。さらに、被災後の応急処置では、損壊した屋根の雨養生のためにブルーシートを敷設する職人が不足。作業がはかどらない事態も起きている。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い