全1176文字
PR

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、建材・設備の納期遅延が深刻さを増している。中国から調達している部品の供給が遅れていることに加え、あるメーカーが納期遅延を伝えた品目に前倒しや買いだめ、他社への切り替え注文が相次ぎ、供給が追い付かなくなる状況が生じている。中国からの部品を使っていないメーカーも、影響の拡大に警戒感を強めている。

 特に深刻なのは、温水洗浄機能付きトイレとIHクッキングヒーター、食器洗い乾燥機の3品目だ。パナソニックとLIXIL、TOTOは2月中旬以降、トイレの全シリーズとIHクッキングヒーターや食器洗い乾燥機を組み込んだシステムキッチンの全シリーズの受注を一時停止したり納期を遅延したりしている。3品目を他社からで調達しているメーカーのなかにも、3月5日時点で納期を回答できない状況が発生している。

2020年3月5日時点で、建材・設備メーカーが一時受注停止や納期遅延の恐れがあるなどと伝えている主な対象品目。「全機種」との特記がない品目は一部が対象(資料:日経クロステック)
2020年3月5日時点で、建材・設備メーカーが一時受注停止や納期遅延の恐れがあるなどと伝えている主な対象品目。「全機種」との特記がない品目は一部が対象(資料:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 これら3品目については3社以外のメーカーにも、大量の注文が流れる影響が出ている。食器洗浄機を国内生産するリンナイの広報担当者は「注文に応じて製造しているが、納期の回答が延びているものがある」と話す。 

 食器洗浄機とIHクッキングヒーターを製造している三菱電機の広報担当者は、「顕著な遅れは発生していない」と答える。しかし、三菱電機の製品をシステムキッチンに組み込む他メーカーは受注を一時停止したり納期の遅れを伝えたりしている。日立グローバルライフソリューションズのIHクッキングヒーターについても、同社の製品を扱う他メーカーが納期の遅延を伝えている。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料